2012年09月18日

温泉美人ツアー

「温泉美人ツアー」と銘打って、9月16-17日に1泊2日の温泉ツアーを開催しました。
院長とスタッフ相馬と患者さん5人とで総勢7名のツアーです。
初日は、伊勢原駅に集合して、大山参り。
「毛が無くて結構!」という下げで終わる落語「大山参り」で、以前から知っていましたが
今年5月に、初めて行きました。私は今回が2回目です。
ケーブルカーで、大山阿夫利神社へ。歩くと90分のところ、6分で到着。
眺めは最高です。下界は暑かったですが、上は、天然のクーラーが利いて涼しい!
本堂の下に、水が湧き出ている場所があり、洞窟様の通路を一周。胎内潜りのようで
清い体に生まれ変わったか?

下山時に、鹿と遭遇。親子3頭いました。
鹿親子.JPG

前回来た時に、探し当てた絶品豆腐屋さんによってお昼ご飯。
ここの豆腐がホントにうまい。削りたての鹿児島産の枯れ節と
醤油をちょっとたらして、あー至福!
デザートには、1866年創業、良辨さんの大山まんじゅう。
これはまた絶品!「うちは、ここだけでしか売ってません。」
防腐剤を一切使ってないので、送ったりしないのだと。

バスに乗って、いよいよ広沢寺温泉へ。
休憩ののち、渓流にある大釜大弁財天で気功。ここの気場は最高です。
弁財天.jpg

いい気をたくさん浴びた後、温泉!アルカリ泉で、美肌効果がある。
たしかにお肌がツルツルしっとりなります。
美男風呂.JPG

猪鍋を中心とした、野菜たっぷりのヘルシーメニューで夕食。
夕食の後は、美人鍼とマッサージ。温泉の後にさらなる至福の時。
温泉との相乗効果で、美人度抜群のはず。

翌日朝も、隣の広沢寺の大木の傍で気功。この樹がまたすごい。
皆さん誰でもわかるような、ほんわかあったかい気を出しています。
近くでボーっとするととても気持ちが良い。
樹.JPG
太陽気功.jpg
そして、お昼は、旅館のお隣にある、ハーブ園でピザ!
御主人手作りのピザ釜で生地からつくる手作りピザ。
おいしかったです。
おからピザ.JPG
ピザ釜.JPG






posted by 院長 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月11日

夏はなにかと忙しい!

ようやく、秋が来るかなとも思えるようになりました。しかし、まだ暑いですね。
9月1日、2日に日本中医学会が終了して、ようやく落ち着いた日常に戻ってきました。
まだ第2回目の学術総会なので、事務局としていろいろと準備に時間がかかります。
体制が整う前に、海外の組織からの積極的な参加もあり、活発な海外交流が
なされています。
日本での伝統医学が、漢方も鍼灸も統一されていないので
海外の組織もどこと交流すればいいのかわからなかったようです。
海外とも協力して、医療の中に伝統医学を取り入れた新しい医療の構築
のために日本中医学会は動いていくでしょう。
posted by 院長 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月07日

甘酒

最近、高輪では、甘酒作りがはやっています。
といってもアキュサリュートだけですが。
甘酒は、昔は夏バテの庶民の救世主だったようです。
http://www.idononippon.com/information/yakuzen/2011/08/01.html

今はやりの、発酵食品ですので、栄養豊富。もともと米ですから
食欲がないときには、いいですね。
少し冷やして、飲むと、いうか食べるとすごく元気が出ます。

ちょうど、出来上がりのタイミングにいらした患者さんには
御賞味願っています。
なかなかの評判です。
posted by 院長 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月30日

さあ次は新体操!

三宅宏実選手の銀メダルで、高輪はますます熱くなってます。
彼女はもうちょっと、競技を続けると言ってますが、
もうちょっとと言わず、リオで、もう一つ上のメダルを目指してほしい!

さて、ロンドンオリンピック出場しているアキュサリュート高輪で関わっている選手に、
新体操団体、フェアリージャパンのメンバーがいます。
ずっと、彼女らはロシアを拠点に練習してきました。メンバーの一人
遠藤由華さんが、左大腿骨頸部の骨折という怪我をして、オリンピックの出場ができなく
なったというアクシデントがありました。ホントに残念です。
しかし、培った団結力で、こんなアクシデントも跳ね返し、メダルを取って欲しいです。

新体操も日本では、マイナースポーツですね。こんなに美しい面白い競技なのに
ホントに残念です。やはり、オリンピックでメダルをとって世間にアピールしないと。
がんばれフェアリージャパン!

中継は
8月12日(日)午後9:30からNHKで。
posted by 院長 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月29日

やったあ!銀メダル!

三宅選手、48キロ級重量挙げ、銀メダル!
おめでとう!
ホントに三度目の正直、メダル獲得!
ホントにホントにおめでとう!
努力は実るのだといういい見本。
見せてくれてありがとう!
posted by 院長 at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月27日

ロンドンオリンピック開幕だ!

いよいよロンドンオリンピックがはじまりますね。
北京からもう4年経ったのかと時の経つスピードに驚きです。

アキュサリュート高輪に、来てくれている選手も何人か出場します。
まず、28日、しょっぱなに、重量挙げ女子48キロ級の三宅宏実さんが
出場!彼女は、アテネ、北京と3回目のオリンピック出場です。
メダルを期待されながらも、前回北京では、6位。もう少しなんですが。
しかし世界選手権では銅メダルを獲ったこともありますし、
メダルは目の前です。

テレビ中継は28日の23:05からテレビ東京系列で生中継があるようです。
とてもドキドキ、楽しみです。
ネットでも、生中継などがあるようでhttp://www.gorin.jp/はとても便利そう。
ルール等の紹介もあり、中継がより楽しめそうです。

ウェイトリフティングは、ただ単に、重いバーベルを上げるだけの単純な
スポーツのようですが、なかなか、駆け引きや、心理戦などもあり、
舞台裏も面白そうです。
例えば、次々と重量を増していくわけですが、この増やし方に駆け引きが
あるようなのです。わざと直前に、ある重量をパスして、次の選手に
準備の時間を与えなかったりとか。
競技の時間そのものは一瞬ですが、このような駆け引きまで見られるように
長く中継してくれるといいのですが。

とにもかくにも、三宅さんには悲願のメダルを獲って欲しい!
がんばれ三宅!がんばれニッポン!





posted by 院長 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月12日

温泉合宿

今度の連休に、広沢寺温泉に、合宿に行きます。
患者さんで、剣道仲間と連れだっての合宿です。

「気」の使い方が、剣道でも役に立つとのことで
主に気功をやります。夜は、鍼とマッサージの治療。

温泉宿の近くに、それはそれはいいパワーの場所があります。
大釜大弁財天。
そこで、ボーっとするだけでも元気になる!
大釜.JPG

広沢寺温泉は、アルカリ泉。
アルカリ泉と言えば、美人の湯。
お肌がつるつるピカピカ!

9月16日(日)17日は美人房温泉合宿を計画しています。
温泉と、気のパワーそして、美人鍼で、細胞からキレイに!
気になる方は、御連絡下さい。
acu-info@acu-salut.jp
まで


posted by 院長 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月02日

今日はいい天「気」

高輪あたりは、振りそうな雨も降らず、うす曇りで、なんともいい天気!
ことしはまだ暑くないですね。今からでしょうか。

さて、話は変わって、先日重量挙げの選手と「気」について話をしました。
私が中国留学中に、気功や中国武術を習っていた先生のところに、重量挙げの選手が
習いに来ていたのです。

今世界でも、中国の選手が強いらしいのですが、もしかしたら「気」のメソッドを
使っているのではと思うのです。
習っていたのは、形意拳で、下半身の力を、一瞬に拳につなげるというような
拳の打ち方をします。このような力の出し方を発勁(ハッケイ)と呼びますが
この方法を、上向きに使えば、重量挙げにも使えるのではと思うのです。

この力の出し方には、イメージが重要で、例えば、地球の中心から
上ってきたエネルギーが足裏から脚を通って、腕を伝って天につきぬける
というようなイメージを使います。
というような話をしたら、日本のある重量挙げの重鎮が同じようなことを
おっしゃっていたそうです。
やはり、「気」は重要だと思います。







posted by 院長 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月19日

品川にパワースポット発見!

品川神社に行ってきました。近くなので、ときどき行くのですが、先日
例大祭のときに、いい場所を発見しました。
境内にある阿那稲荷社です。
本殿の右側に、赤い鳥居が続いますが、そのトンネルをたどっていくと
なんともずっしり重い感じの場所が現れました。
品川神社.JPG
稲荷入口.JPG
稲荷門.JPG
説明.JPG
P1040510.JPG
なかにはいると、なんとも涼しげで落ち着いた感じ。とても落ち着く気持ちのいい場所です。
水がちょろちょろ流れていて、この水を、印鑑やお金にそそぐと吉と。
「万物は天・地・水の恵みを受けて生成化育し、米は一粒の種より萬倍の稲穂となる・・・」
「一粒萬倍」!銀行帰りで、お釣りの500円玉を水で清めました。
な、なんと500円が500万円になるということか!
がしかし、そうは甘くないようで、そんなよこしまな心は持たず
「清く明るき心を持って暮らし・商売するが吉」なのですね。
患者さんにも「吉」が舞い降りますように。
posted by 院長 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月18日

運動会

昨日は、子供たちの運動会でした。
「走る」って難しいんですね。改めて思いました。
誰でも、上手に走れるわけではないことがよくわかります。
こんな私も、高校、大学と陸上部に所属し短距離をやっていたので
すこし、走り方の良し悪しは解ります。

だいたいの子供たちが、力が入りすぎて、肩や腕が力んでしまい
上ずって走っている感じです。
足が上手に、地面を蹴ってないので、推進力に変わっていないという状態。
この力を抜くというのが、難しい。
「あの子流してるねえ」と言われていたダントツ1位の子は、たぶん
流しているわけではないのです。脱力して走れているので、速いのです。

さて、問題は、にわかランナーのこと。学生時代陸上競技をやっていた
わけではないのに、マラソンを始めた人々です。
走る訓練を受けていないのに、いきなり長い距離を走るわけですね。
フォームもたぶん、あまり自然でないフォームであることが想像できます。
練習ならいいのですが、レースでは無理をしてしまうでしょう。
無理なフォームで、限界を超えた距離を走るのは、けがの元です。
無理なく、けがなく走ってください。途中棄権する勇気も持ちましょう。
そして、ちょっとでも足などに違和感があったら早めに治療!





posted by 院長 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月16日

やはり湿が!

今日も東京は雨ですが、やはり、体に湿気がたまりはじめました!
患者さんも、体が重いという症状をおっしゃる方が増えてきました。
まだ、湿度的には、そんなに高くないですが、この時期はまだ、体の「排水機能」
が慣れてないので、余分な水がたまりやすいのです。
中医学では、「怪病は湿を疑うべし」という言葉があるほど、余分な水分である「湿」
がいろいろな症状の元になると考えられてきました。
日本漢方でも、水毒と言って、この余分な水を警戒してきました。
この「湿」の厄介なのは、他の邪気と結びついて強力になるというところです。
例えば、「寒邪」と結びつくと、体の奥深く、入り込み、気血の流れを停滞させ
体の様々な機能を低下させます。

これから暑くなると「暑邪」あるいは「熱邪」とからみついて「湿熱」という
パワーアップした邪気に変身します。
胃腸の調子を落としたり、体の様々な炎症を誘発したり、このネバネバドロリとしたイメージの
湿熱の邪気は、やはり気血の流れを停滞させるので、色々な痛みの引き金になります。
夏バテのおもな原因も、湿熱です。

これから、湿、そして熱の対策が重要です。
(続く)



posted by 院長 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月12日

梅雨ですね

いつの間にか、梅雨に入ってしまって今日も雨。
まだ、湿気は気になりませんが、今後湿度も上がり、気温も上がり
心地良くない季節になってきますねえ。

湿気のありすぎるのは、まことによろしくありません。
消化にかかわる脾臓を傷めます。また、体に余分な水分が停滞すると
ホントに体が重くだるーい感じがしてきます。気血の流れも悪くします。
予報ですが、もうじき、ギックリ腰や寝違えの人が増えてくると思います。

予防には、汗をかきましょう。軽い運動や、運動の嫌いな人は
お風呂にじっくり使って汗をかきましょう。サウナもいいですね。
温泉は最高でしょう。

そして、汗をかいた後が重要!ビールはだめ。清涼飲料水はだめ。
ギンギンに冷えた飲料はだめ。
水の代謝にも関わる脾臓は、甘ったるいものや冷えた飲料を
とにかく嫌う。
余分な水を出す作用のある薬茶が最高!

まだ、気温もそんなに高くないので、今は、蓮の葉茶やトウモロコシの髭茶
がベストチョイスか。
posted by 院長 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月28日

婚活セミナー

5月26日土曜日に、24年度第2回婚活セミナーを行いました。
男女15人ずつ、計30人が集まってくださいました。
講師は、フューチャーアナリストの和貴水唯先生。
西洋占星術や東洋占星術を駆使して未来を占います。

前もって、相性を調べて、相性のいい順に、二人で話す時間を作っていきます。
いつもより、話が盛り上がっている感じでした。やはり相性は大事か!

残念なのは空亡に入っている人が1/3もいたこと。空亡とは天中殺とか大殺界と
言われているもので、12年ごとに3年訪れます。確率的には1/4はいるはずですが
1/3はちょっと多いかも。
空亡の時期に、恋仲になった人との結婚は良くないのです。
実は参加者の中に、これ以上ない相性の良い二人がいたそうなのですが
この二人は、わざと、ペアにならないようにしました。

結婚する段になってから、相性を見てもらうより、最初から、いい相性の
同士で出会う方が、良い結婚ができる確率は上がるだろうなと思いました。
これは、なかなか良い婚活の方法だと思った院長でした。

次回は7月28日(土)。今度はエコグラムという心理テストを使った性格からの
相性を探ります。
講師は、当院の小西喜朗カウンセリング部長です。






posted by 院長 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月10日

いい季節!

エアコンの要らない、いい季節です。高輪も初夏?5月も10日ですから、初夏といってもいいでしょう。
5月5日が立夏でしたから。
今年は(も?)、春になっても寒い日があって、なかなかスキッと春!と言えませんでしたね。
からだも、冷やしていいものか、温めていいものか、迷ったことでしょう。
自律神経ズタズタの感じです。
さて、これから、暑さがだんだん増してきて、加えて湿気が増えてきます。
暑さ対策と、湿気対策が必要になってきます。
まずは、からだをあまり冷やさなくて、水の代謝をよくする、ハスの葉のお茶がいいでしょうか。
最近アキュサリュート高輪でも、ハスの葉茶をお出ししています。


posted by 院長 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月01日

広沢寺温泉

広沢寺温泉に行ってきました。東丹沢七沢温泉郷のひとつ。
ここは、何よりも「気場」がよい。
気場の良い場所は、まず、気持ちがよい。
樹や葉っぱ一枚一枚がシーンと佇んでいる。
視力がよくなったように、しっかりと清らかに物が見える。
空気が澄みきっている感じ。
こんなところで、ボーっとしていると、身も心も澄みきってくるようです。

澄みきってくるのを感じるということは、濁ってたということですね。
実際、気場のいい場所にくると、しばらくは、落ち着きません。
喧噪に同調していた波長を、鎮めるのに、しばらく時間がかかるようです。

あまりにこれが、離れすぎると、合わそうにも合わせられない状態に
なるのでしょうね。定期的に自然の波長に戻す必要性を感じます。


posted by 院長 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月10日

気の婚活

アキュサリュート高輪では、昨年から、「気の婚活」と称して、婚活パーティーを開催しています。
これは、独身の患者さん同志を、ご紹介しようということで始めたものです。
患者さん以外にも、いろいろお誘いして、何回か行ないました。
デートまでは何組か行ったようですが、まだ成婚には至っていません。
そこで、今年は、相手を探すメソッドをいろいろ勉強してもらいながら、本当に気の合うパートナーを
探してもらい、成婚までこぎつけようと考えています。
今年は、3月、5月、7月、9月、11月に「気の婚活」を行います。毎回、セミナーを中心にします。
毎回での出会いのほかに、毎回の参加者のデータを残し、5回の参加者の中で、気の合う人同士を
マッチングさせて、12月に、マッチングパーティーを開こうかと思っています。

第1回目は3月30日に行ないました。スピリチュアルカウンセラーをゲスト講師にお招きし
「スピリチュアルからの婚活」を行ないました。
「すでに逢うべき人は、この世に存在する。如何にそれに気づくかだ」。実際個人セッションで、2年前に、
自分を気にしてくれている27歳の人が、近くにいたはずだと言われた人がいました。
近くにいても気づけない人がいるのですね。

さて、次回は5月26日土曜日午後7時からアキュサリュート高輪で。
占いの専門家を呼んで、相性について勉強します。ゲスト講師は和貴水 唯さん。
西洋占星術や四柱推命など様々な角度から相性を探ります。

今度の会で面白いのは、参加者のなかで、占い的に相性が合う人と、合わない人と、実際に
話したり「気の交流」を行なってみて、どう違うのか実験をしてみるところ。
私もこれは、非常に楽しみです。
年齢制限なし。真剣に気の合う相手を見つけたい人であれば、どうぞ御参加ください。

参加問い合わせは03-5422-9255アキュサリュート高輪まで
または、acu-info@acu-salut.jpまで。
生年月日、生まれた時間生まれた場所の情報が必要です。
気の婚活5月26日.JPG




posted by 院長 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月06日

妊娠中の鍼治療

今日、年明けから、おいでにならなかった患者さんから電話がありました。
「妊娠したので、鍼はできないのかなと勝手に思って、治療に行かなかったのですが、
腰痛が出てしまって!妊娠4ヶ月目ですが鍼治療できますか?」と。
疲労や肩こりで、通ってくださっていたのですが、年明けから、おいでになら
なくなったので、ずっと気になっていました。
妊娠はおめでたい!

妊娠中でも、鍼灸治療は可能です。妊娠中は使ってはいけないツボというものもある
のですが、経験のある鍼灸師なら何も問題はありません。
悪阻(つわり)にも、鍼はよく効きますので、妊娠初期から有効です。
腰痛も妊婦さんには、よく出る症状です。
胎児に影響がないように、ツボや、刺激量を考えて治療をします。
逆子にも、非常に鍼灸は有効です。

不妊の治療ではなかったのですが、この患者さんは、
「妊娠したのは絶対、鍼治療のおかげです」と言ってくださいました。
妊娠は予想していなかったので、妊娠中の鍼治療については
説明していませんでした。
宣伝不足でした!

高らかに宣伝します!妊娠中も鍼灸治療はOKですよー!

『妊婦は太っちゃいけないの?』 (新潮文庫)が、妊娠中の、鍼や漢方について
書いてあります。
http://www.shinchosha.co.jp/book/135061/





posted by 院長 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月05日

帰省

4月1日から4日まで、帰省していました。留守にしてすいませんでした。
永らく帰郷していなかったので、息子の就学前に一緒に帰ってきました。
故郷は、宮崎県串間市。九州の南、鹿児島との境にあります。
名物らしいものはありませんが、魚は美味しいです。
初鰹を早速食べてきました。ある程度目方があって新鮮だと、臭いもありません。
美味しいです。
それと、治療のお礼にといただいた伊勢海老も、刺身は最高でした。
頭の部分は、味噌汁に!これも最高!

実家の隣は、小さな神社です。実は、ここは、私のルーツではないかと思っています。
中国の臨床研修では、婦人科をとりましたが、昔から「女性」に、なぜか興味がある。
真面目にですよ。真面目に興味がある!
なぜかと思っていましたら、小さい頃から、良く遊んでいた場所が、この
『女躰大明神』。
女体大明神.jpg
川を隔てたところにある彦火火山見尊(ひこほほでみのみこと)を主祭紳とする串間神社の
関連の神社で、この女躰大明神の神様は豊玉姫命です。
串間神社.jpg

古老に聞いたところによると、昔、夫である彦火火山見尊が浮気をしたのに腹を立て、
家出をして、川を隔てた今の社に、別居したのだと。
1年に1回彦火火山見尊が、謝りに訪れる?行事が、今でも祭事になっています。
豊玉姫命、なんだか、怖そうな神様ですね。
その怖い神様に、世の女性のために働きなさいと、言われて育ったようなそんな
気がしているのです。


posted by 院長 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月23日

タイペイ小籠包考2

タイペイ滞在最終日、午後のフライトで、午前中に時間がある。
ガイドブックの中で紹介されている小籠包店のなかで、割合近い地域にある3店を
選ぶことにする。永康街にある好公道と高紀そして鼎泰豊の3軒。
まずは、好公道。3軒の中では、9時と早い開店だ。8時45分ごろに行ったら
すでに開いていて、中に入れてくれた。
早速、小籠包を頼む。しかし、ガイドブックによれば、蘇式湯包なるスープにつけて
食うパオズが看板らしい。うーん、やっぱり頼んでしまう。

好公道外観.jpg

好公道の入り口。早くから職人が準備中。
好公道小龍包.jpg
好公道の小龍包。大きい。他店の1.5倍はあろうかと。
うまいが、繊細さにかけるか。星3つ!
好公道蘇式湯包.jpg
スープにつけて食べるタイプ。パオズ自体にはスープは入っていない。
スープは、淡白。パオズの中もやや淡白なので、スープとの「マリアージュ」が感じられない。
どちらかに、もっとアクセントが欲しい。

ここは、割り箸だったが、小皿類は、陶器であった。


本日2軒目。鼎泰豊。
ここは、日本をはじめ、アジア各地、アメリカ、オーストラリアなどにも出店しているという。
鼎泰豊外観.jpg
開店時間の9時30分に行ってみるが、ちらほらと客が並び始める。
みんな、日本人だ。ガイドブックを見てくると、これが厭なのだ。
いかにも、ガイドブックを見てきましたという感じで、主体性が欠如している。
実際私も、ガイドブック頼りなので、なんか気恥ずかしい。
かなり並んできたので、10分前に入れてくれた。1番だ。
さすが、国際的に展開しているだけあって、店内も綺麗だし、店員も制服だ。
箸も割り箸でない。もちろん小皿類も陶器だ。
ここではさすがに、小龍包だけとしよう。
鼎泰豊小龍包.jpg
素晴らしい。文句なく5つ星。皮が薄くて、スープの量も良い。味が繊細だ。
いかに皮を薄くするかが、小龍包のキモだとわかる。薄くても、スープを保持しなくてはならない。
技術の難しいところだろう。しかし、皮が薄いがゆえに気づいた事があった。
頭の渦のところの歯触りが気になるのだ。ヒダを集めて、ギュッと絞るので、どうしてもここが
厚くなる。それが、噛むときに気になるのである。
しかしながら、10個のうち、2個は、さほど気にならなかった。多分、絞り方で、そこを厚くしない
ようにもできるのではと思った。たぶん、ここも若い職人が包んでいるのだろう。がんばれ、職人。
あと、ここは、下敷きが布を使っていた。そもそもは、蒸し器にくっつかないように、キャベツや白菜が
使われていたと思うが、最近では、専用の紙シートが使われていることが多い。しかし、このシートでも
ちょっと冷めると、くっついて、取る時に皮が破れることがある。布ほうがまだ、くっつきにくのではと
思った。
鼎泰豊.jpg

さて、本日3軒目は、永康街高紀。上海点心の店だ。
ここも、店がしっかりしていて綺麗。高級店の風格だ。
高記小龍包.jpg
味は、上品。皮を薄くてよろしい。なかなかのものだ。
しかし、さっきの鼎泰豊には及ばないかな。星4つ!

ということで、ガイドブックに載っている10件の小龍包店のうち4軒に行ってみたが
重要なポイントは、皮の薄さと滑らかさ、そして中のスープの繊細さだということが判明した。
次回、訪台の折には、自分の足と舌で、独自の「うまい店」をさがす!
以前北京留学中に、あるガイドブックの取材に携わったことがある。
街角にある小さな、しかし、ほんとにおいしい店は、教えないのだ。
そんな、ガイドブックに載っていない秘密の店をさがすぞ!





posted by 院長 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月21日

タイペイ小籠包考

3月17日〜20日の日程で、台北国際中医薬学論壇に参加してきた。
台北市中医師公会と日本中医学会との学術交流の一環として、昨年から、相互の学会に
代表団を送っている。
台湾中医学の権威に、台湾の中医学についてインタビューできたり、代表的な中医師の
診療所を訪問できたりと、実り多いタイペイ訪問となった。

表の目的はさて置き、裏の目的「台北の食を探る」について語ろう。
台北と言えば小吃(シャオチー)。小吃と言えば小籠包(シャオロンパオ)だろう。
小籠包は上海が有名だ。もともとは上海市の南翔というところで生まれたそうだ。
私も、中国留学中の86年頃、上海の豫園にある南翔饅頭店で食べたのが最初だ。
あまりのうまさに、驚いた。皮の薄さとタプタプの肉汁!
この店が、小籠包の起源らしいが、店の周りにも、小籠包を出す店が多数あった。
試しに数店のものを食べてみるが、やはり南翔饅頭店のものには、大きく劣る。
老舗の技だろう。
今回、タイペイの小籠包が、どこまで南翔饅頭店に迫れているか、それを探る。

まずは、ガイドブックに頼る。これは、本当は、やりたくない。独自に名店を探る、
これが、「うまいもの探偵団」の本領なのだが、旅人の身では、時間的にしょうがない。
まずは、中正紀念堂の裏にある「杭州小籠湯包」に向かう。
ガイドブックには、「皮が極薄」とあるが、そうかあ?確かに薄いけど、まだまだ。
味も繊細さに欠ける気がする。しかし、うまい!が、南翔饅頭店には、勝ててないな。
このほかにも、蝦のシュウマイやかぼちゃの蒸饅頭や、つまみ、おまけにビールを
飲んでしまう。これでは、探偵団としては、ダメだ。小籠包と決めたら、それだけ
食って、さっと帰る。そうじゃないと腹いっぱいになって、次の店のが食べられない!
蕎麦も、もり蕎麦だけ食って、さっと帰る。そうじゃなくっちゃ!
案の定、その日は、それで撃沈。
ここ、杭州小籠湯包店は、庶民的か。小籠包が8個で90元と、高いところの半分ぐらい。
レンゲも、小皿もペラペラの使い捨て。箸も割り箸。
まあそれなりにうまいので星3つ(5段階)。
杭州小籠湯包1.JPG
小籠包

杭州蝦しゅうまい.JPG
蝦シュウマイ

杭州かぼちゃ.JPG
南瓜蒸饅頭

杭州厨房.JPG
厨房、職人は若い人が多かった。

杭州店内.JPG
店内の様子


翌日は、朝から、3店を連続制覇!(続く)
posted by 院長 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記