2014年04月15日

腰痛・坐骨神経痛注意報!

先週から、腰痛&坐骨神経痛の患者さんが増えています。
暖かくなったのに何故?

実はこの季節、神経痛系の痛みが出やすいのです。
このことを、中国伝統医学ではいち早く観察し、一つの宇宙観である「五行」によって
説明しています。

五行とは、木火土金水の要素に、事物や現象を当てはめた考え方です。
春の季節は、五行では、「木」。五臓では「肝」。五主(五臓が栄養を補給する部分)では「筋」。
春には、肝の機能に変調が起きやすいです。春の陽気で、肝が熱を持ち空回りする感じです。
肝に変調が起きると、それが栄養補充している「筋」にも変調が起きやすいわけです。

ここでいう筋とは、筋肉ではなくて、いわゆる「すじ」。すじを痛めたとか、すじをちがえたとか
いう場合のものに近いです。現代医学では、筋膜や腱、或は神経に当たると思われます。
春は、肝が変調し、筋が養われないために、筋膜や、腱、神経系に変調が出やすいと考えられるわけです。

今朝も、お二人、急性の腰痛の方を、診ています。
この季節、暖かくなったからと動きすぎず、或は同じ姿勢をとり過ぎず
少しでも腰に違和感を感じたら、すぐに治療が望ましいです。



posted by 院長 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93220818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック