2011年02月12日

やっぱり紅花!

現在、多くお出ししている茶は、紅花茶です。
私が飲んで、大変体の調子がいいので
続けてお出ししています。

紅花は温性で、血液の流れを浴する作用があります。
そもそも温性のものは熱がりのタイプには向かないのですが
紅花は、熱をこもらせることがないので、量を加減すれば
熱がりタイプの人にも大丈夫。

脳や心臓の血管の流れを良くしてくれているのではないかと
思います。
posted by 院長 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬茶・薬膳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43383008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック