2016年01月26日

美容鍼について

 最近、「美容鍼」が一般にも認知されてきたようです。もともと、顔面神経麻痺や顔面神経痛などの顔面の疾患に対する鍼灸治療は存在しました。しかし、美容を目的とした鍼灸治療はあまりなされていなかったと思います。日本で始まったのが、20年前ぐらいからでしょうか。そして、ここ2,3年で、美容鍼灸が多くの人に知られるようになってきたようです。
 アキュサリュート高輪でも、本来美容鍼灸は行っていなかったのですが、患者さんの要望で始めました。やってみると確かに効果があるので、そのままメニューに残しています。「鍼」のイメージが、痛い、怖いなどがあってなかなか垣根を踏み越えられない方々が、美容のためならやってみようかと、いい鍼治療の入り口となっています。
 美容鍼灸と言っても、顔だけに刺す治療はいかがなものかと思っています。当然の事ながら顔は身体の一部です。顔だけで存在しているわけではないのですから、顔だけやっても根源的な効果は出せないと思っています。確かに、鍼を刺した部分は、血流が良くなるとか筋肉の張りが良くなるとかの効果はあると思います。けれども全身の気や血の流れを良くしない限りすぐに元に戻ってしまいます。また、身体の不調があれば、それは顔の表情にも出てしまうでしょう。身体の不調をなおざりにしての美容はあり得ないと思います。
実際、顔に刺さなくても、顔面部の調子を整えることが可能です。例えば足の甲にある太衝というツボを刺激すると、眼がパッチリ大きくなります。刺鍼後、数分で目の緊張がとれ、眼精疲労が楽になります。まぶたが開けやすくなり、外から見ても目が大きくなったのがわかります。目にも力が出てきますので、表情がこれだけでガラッと変わります。眼の部分を中心に身体全体の気血の流れが改善したためだと思われます。
 アキュサリュート高輪では、顔のみの刺針はお断りしています。また美容が第一の目的の方も、他の美容を中心に行っている治療院に行かれた方がよいと思います。エステ系がベースの、雰囲気もいい豪華な内装のサロンがたくさんできています。
 本院では、先ず身体から良くしていきたい。身体から綺麗になりたいと思われるかたのお助けになりたいと考えています。
posted by 院長 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172798283
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック