2014年10月16日

五十肩は、まず鍼灸!

先々週、急に、痛くて左肩が水平以上に挙がらなくなりました。
ちょうど水曜日に鍼灸学校で授業中に、急にです。
何にも、思い当たる原因がないのです。
これは、いわゆる五十肩かと思いながら、なんとか授業は終えました。
その夜、幸いにも鍼灸師が集まるセミナーがありまして、そこで治療をしてもらうことができました。
痛みは完全には、取れませんが、何とか上に挙げられるようにはなりました。
翌日には、アキュサリュート高輪のスタッフに治療してもらい、より痛みが取れて
より楽に動かせるようになりました。
そして、10日目には、完全に動かせるようになりました。
いつも患者さんに言ってること
「五十肩になったら、すぐに、鍼灸治療を受けてください。そうすれば、うまくいけば
1,2週間で治ります。いったん肩関節が固まったら治るのに年単位が必要になります。」
を自ら経験しました。
これらのことは、今まで治療者側の経験で言ってきたことですが、実際経験してもその通りだと確信しました。

急に、これといった原因もなく痛くなり、動かすと激痛が走る。動かすと痛いので肩を
動かさないと、肩関節が固まってしまいます。
いったん固まってしまうとそれを、「はがす」のに、痛みが出ます。この痛みは最初の痛みとは別物です。鍼灸治療で少しははがす痛みを軽減できますが、こうなると年単位の時間が必要だと思います。

最初の動かして痛い痛みは鍼灸治療でかなり軽減できます。そして動かすことができるので、肩関節が固まるのを防ぐことができます。この固まるのにどれくらい時間がかかるのか?
今までの患者さんの様子から、1週間もかからないのではないかという印象です。
なので、肩が痛くなったらまず鍼灸へ!です。
posted by 院長 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104650785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック