2018年10月30日

乾燥注意報!

 乾燥注意報?まだ注意報が出るほど乾燥はしていませんよね。しかーし、身体的には注意報発令なのです!
90%以上の湿度が続いた夏の湿気になれた身体は、なかなか急には乾燥に対応できません。乾燥に弱い臓器は、肺です。呼吸器がまず影響を受けます。のどや鼻になんとなく違和感が出始めますね。そして中医学的には皮膚も肺の管轄下にあるとされています。皮膚にも影響が出始めます。早め早めに加湿器など準備したほうがいいと思います。アキュサリュート高輪でも加湿器準備しました。
 そして、身体を潤してくれる食べ物を多くとるのもいいですよ。うまい具合に秋に取れる食物が秋にはいいのです。山芋、梨、白きくらげ、葛、ゆり根等々。
 早め早めの対策を取りましょう!
posted by 院長 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記