2017年03月28日

4月の第一日曜セミナー 4/2は「気を感じる!」

4月の第一日曜セミナーは、「気を感じる」

「宇宙は気でできている!」なのだそうです。だからすべてのものが気を発している。

その気を感じようというセミナー。

4月は新しい出会いのふえるとき。

気の合う人を感じられるようになれたらいいでしょ?

日 時:2017年4月2日 10:00−12:00

会 場:アキュサリュート高輪

参加費:1,000円

お申し込みは、acu-info@acu-salut.jp 03-5422-9255

posted by 院長 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2017年03月18日

台湾行ってきました!

 3/11から14まで台湾に行ってきました。今回もいろいろ刺激を受けました。外に出て活動することの意義はこの「刺激」でしょうね。今まで知らなかったこと、考えなかったことを新しい経験で刺激を受ける!なんか脳の眠っていた部分が目覚めるという感じを受けます。
 今回の「刺激」、なんとこれ!LINE_P20170318_221228940.jpg
わかりにくいですが、これ、烏龍茶の出がらしなんです。
 台北国際中医薬学術フォーラムを終え、次の日、台北から新幹線、タクシーを乗り継いで1時間半ぐらいでつく北埔(ほくほ、ベイプー)という街に今回行ったのです。そこは、客家(はっか)の雰囲気が色濃く残る街でもあるし、台湾独特の烏龍茶である東方美人の産地でもあります。その北補老街にある寶記製茶所に行きました。
Image_f80139b.jpg
値段の安いお茶から順々に、飲ませてくれました。東方美人だけでこんなにも種類があるとは、まったく思いもよりませんでした。しかし、考えてみれば、一種類のお茶を中心にしているのであれば、一年を通じていろいろなバリエーションができるのは当然です。今まで私が知っていた「東方美人」はそのほんの一部だったことをわかりました。ちょっと東方美人については好きなお茶でもあり、自信をつけてきたところだったので、一気にへこんでしまい、そしてまた、新たにその奥深さに、探求心に火が付いたのでした。
 で、実は一番刺激を受けたのが、何回も試飲させてくれて「捨てた」茶葉を、実は容器に入れて、水を足し、冷蔵庫で保存して、それを飲むのだということ。飲ませていただきましたが、これがまた、すっきり、それでいて風味がのこり、美味なのです。普通なら捨てる茶葉なのですが、それをまた再利用する、お茶栽培者ならではの茶葉に対する「無駄にはしない」という愛情も感じました。
 で、台湾から帰国後、買ってきたお茶の試飲を早速やって、その出がらしを集めて、冷蔵庫に保存して一晩!
いやはや、本来なら捨てていた茶殻から美味しいくせのない飲み物が出来上がっているではないですか!今回買ってきた茶葉、東方美人以外にも凍頂烏龍の茶葉も加えてみましたら、何とも云われぬ美味しい美水ができました!
posted by 院長 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月11日

3/11(土)〜15(水)休診です!

 申し訳ありませんが、3/11〜15まで海外出張のため休診いたします。3月16日木曜日から診療を再開いたします。よろしくお願いいたします。
 今回、日本中医学会の訪台団で第7回目の訪台となります。台北市中医師公会主催の国際中医薬学術フォーラムに参加します。2011年から、日本中医学会と台北市中医師公会とで学術交流協定が結ばれ、お互いの学術大会に参加しあうことになりました。毎年9月には日本での大会に台湾から参加し、3月には私たちが台湾に向かいます。
 それまで、中国大陸とは中医学の交流もありましたが、台湾とはあまり交流はしてきませんでした。台湾の中医学事情もあまり日本では知られていませんでした。しかしこの学術交流を通じてお互いの事情が分かってきました。交流も深まっています。
 次回、台湾の中医事情などをお知らせしようかと思います。
posted by 院長 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月03日

春の養生

 昨日は雨模様でしたが、ここ高輪も今日はいい天気です。ようやく春が来たかというすがすがしい空気です。けれどもまだまだ気温は低いです。気温は低いけれど陽気は上がってきています。こんな時には「のぼせ」が出やすい!中医学的に言いますと肝陽が上がりやすい状態になります。そもそも春は肝(西洋医学の肝臓とは違う概念なのですが)の働きが活発になる季節です。しかしながらうまくは働かず空回りしやすい時期でもあるのです。まだ寒いけれど陽気は上がっている。外の陽気につられて体内の陽気はどこに行くかというと、頭の方にあがりやすくなります。足は冷たい、頭はのぼせるという「頭熱足寒」という状態になりやすい。
 もともと血圧の高めの人は、血圧が上がりやすくなりますし、頭痛やめまい、耳鳴りなどの症状が出やすくなります。頭痛まではなくとも、なんとなく頭がボーっとするような感じはありませんか?イライラしやすくないですか?
 こんな時には、あがった陽気を下げなければなりません。どうやって下げるか?苦くて香りの強いものを食べましょう。苦いものには冷まして下げる効果のあるものが多いのです。また香りのあるものは気の流れを良く流してくれる効果のあるものが多いです。頭によどんだ陽気を流してくれます。
 また、苦くて香りの強いもの、という食材がちょうど春野菜に多いのです。ウド、春菊、セリ、セロリ、タラの芽、パセリなどを多くとるといいと思います。
 そして、呼吸では、吐く息に集中してゆーっくり吐きます。5秒で吸って、10秒で吐きます。吐く息は気を下げてくれます。また足の裏を意識すると気は下がります。「意が到れば気が到る」という言葉があります。意識するとそこに気が流れます。青竹踏みなどもいいと思います。
posted by 院長 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記