2017年02月10日

スポーツ鍼灸

 今日は、高輪でも雪がちらついたり、雨になったりの天気でした。積もることは無さそうですね。一安心です。ところで、このブログには「新体操」というカテゴリーがあるのですが、そういえばずいぶん新体操関連のブログを書いていなかったなと思います。以前は、大会にも帯同していましたので、ちょくちょく選手の写真なんかも載せていたんですが、最近は、チームにも専属のトレーナーがついたこともあって大会に帯同することは無くなりました。今は、故障した選手が、高輪まで治療に来てくれます。今日も、ある選手が治療に来てくれました。
 ちょうど、近所に住むやはり新体操のジュニア選手も来てくれて、二人でお話ししていました。この選手にとってはあこがれの選手だったようで、写真を一緒に撮ってもらってとても喜んでいました。練習の励みになるといいですね。実はこのジュニア選手、近所で鍼灸治療院がないかと、ネットで探していて、たまたま以前の新体操の記事を見てくれたのが、来院の大きな動機になったようなのです。なので、何がきっかけ気になるかわかりませんので、新体操の記事もたまには書かないとなあという本日のブログでした。
 選手たちの写真も載せたいところですが、個人情報はしっかり守らないと!


posted by 院長 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新体操

2017年02月06日

2/11は診療いたします。

 2月11日は祝日ですが、診療いたします。3月は学会関連の行事で、休診が何日かありますので、2月は頑張って診療いたします。
 さて昨日は、鍼灸関連の会合がありまして日本中医学会として参加しました。日本にある鍼灸関連団体の代表が集まっていたのですが、一致団結して日本の鍼灸を国内外に広めていこうということでした。中国はもちろん、韓国やインドでは、伝統医学を守り発展させようという法律があり、専門の政府のセクションがあるそうなのです。医療として、鍼灸が認められているのです。日本はと言えば、どうもあいまいです。病院の中での鍼灸ができてはきたけれどもまだまだ少数です。中国、韓国、香港、台湾では鍼灸が医療としてしっかり国にも国民にも認知されています。日本も何とかしたいと思いますがいろいろと難しそうです。
 まずは、もっと鍼灸の効果を認知してもらうことだと思います。それには、治療に来てもらわないとなあ。どうしたらもっと足を運んでもらえるのだろう。今日本の鍼灸界全体の課題です。
 と、ここまで書いたところで、予約のお電話!腰を急に痛めたとのこと!ありがたいです。「腰を痛めたらまず鍼灸!」皆さんがこう思ってくださったら幸いです。さあ、いらっしゃい!全力で治療させていただきます!
 と、先ほどの腰痛の患者さんが今帰られましたので追加です。2日前に箱を持ち上げようとして腰痛が始まったそうです。腰を曲げるのが痛くて顔を洗ったり靴下をはくのができにくかったそうです。鍼は初めての患者さんでしたが、奥様がアキュサリュートの患者さんで、整形外科に行こうとしたのを止められて鍼灸治療をすすめられたのだそうです。
 さて、治療結果は?腰を曲げるのも全く痛みが消えて、靴下をはくのも全く問題無しでした。「不思議ですねえ」とおっしゃりながら帰られました。皆さん、腰痛にはまず鍼灸ですよ!
posted by 院長 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月27日

刺さない鍼!

古代から伝わる鍼に、「古代九鍼」というものがあります。用途によって鍼の種類が9種類ありました。その中に鍉鍼(ていしん)という鍼があります。
テイ鍼.JPG
かなり太い鍼ですが、先は丸くなっていて皮膚には刺さりません。この写真の鍉鍼は、漢時代の墓から出土した鍼の形を再現したものです。銀製と金製です。
皮膚表面に軽く当てるだけですから、刺入はしません。よって痛くはありません。それで効くの?こういう疑問がありますよね。しかし、これが効くのです。まさに鍼治療は、気を動かす治療だということを実感できます。昨年知り合いにこの鍼を作ってもらってから、この治療にかなりはまっています。
興味のある方は、「刺さない鍼で」とおっしゃってくださいね。
posted by 院長 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月24日

2/5 2月の第一日曜セミナー

2月の第一日曜セミナーは、「ほっとする!」がテーマ。
リラックスの方法と、いかに温まるかHOTするか。
こころとからだの緩め方、温め方をやってみましょう!
気功と薬膳を中心にやりましょうか。
2017年2月5日(日)10:00〜12:00
参加費1,000円

お申し込みは、acu-info@acu-salut.jp 03-5422-9255 まで
午後は診療いたします。
posted by 院長 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2017年01月04日

台北

今年のお正月は、台北で過ごしました。やはり台湾はいいです。学会の訪台団としてすでに6回台北に来てますが、飽きません。何より食べ物が、口に合います。来ると必ず食べる富覇王の豚足も食べました。豚足は大好物ですが、ここのはひと味違う。色は濃いのに味は薄いのです。困ったことにいくらでも食べられてしまう。隣にも似たような豚足を売る店があるのに、そちらは閑古鳥ですが、富覇王は、開店前から行列です。
豚足は、コラーゲンたっぷりです。赤ちゃんが生まれたあと、お乳が出ないときのファーストチョイス!食べたあとのオッパイの張りが違います。
DSC_0510.JPG


DSC_0508.JPG
posted by 院長 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月30日

今年の診療も本日で終わりです

12月30日晦日で、本日の診療は終了します。正月は6日から診療はじめます。
さて、本年ギリギリでうれしい知らせが届きました。妊娠の知らせです。体外受精7回目で、ようやく安定期に入ったというお知らせです。ちょうど40歳で、40歳でダメだったらもうあきらめようと思われていたらしいです。
このようなお知らせが、治療者としては何よりうれしいです。
幸せな気分でお正月を迎えられます。
posted by 院長 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月23日

熊本支援プロジェクト

12月22日から、熊本県阿蘇郡西原村に支援に入っています。
西原村生涯学習センター山河の館の大研修室をお借りして診療にあたっています。
あるものを使って治療ブースを作りました。小さい頃に作って遊んだ「基地」のようですが。
1482456796366523053569.jpg
昨日は、注意報も出ていたぐらい雨が降り、患者さんも少なかったですが、二日目の今日は、かなり盛況です。
今回は、鍼灸師9名、医師4名、保健師1名、鍼灸学生1名、医学生1名のチームです。私たちにとっても、皆で色々意見交換のできる貴重な機会となっています。
posted by 院長 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月21日

今日は冬至

 今日は冬至です。1年のうちで一番夜の長い日です。それとともに、陰の気、大地の気の最も強い日だと言われています。確かに、とても穏やかで、大気が清んでいるような感じがします。このような日には気功をするといいと言われています。幸い今日は暖かいようですから、外に出て大地の上で練功をするといいと思います。院長は、朝日とともに起きだして、いつも練功をしているスポットで気功をしてきました。気持ちがいいです。
 是非皆さんも!
posted by 院長 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月03日

12月の第一日曜セミナーは12/4!今年最後のセミナーです。

 先月は、学会参加のためお休みになってしまいましたが、今月は4日にやりますよ!毎度のことで告知が遅れてしまってますが、今年最後の第一日曜セミナー頑張ってやりましょう!
 冬は、蓄える季節だと言われています。来るべき発芽の季節春に備えてエネルギーを蓄える時期なのです。当然寒いですから、温める力も増強しなければなりません。気功と薬膳でエネルギーを蓄える方法を学びます。

日 時:10:00−12:00
参加費:1,000円

午後12:30から診療も行います。

申し込みは、お電話かメールで。

03−5422−9255
acu-info@acu-salut.jp
posted by 院長 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2016年12月02日

北京行ってきました!

29日火曜日にお休みをいただき、定休日をはさんで北京に行ってきました。オリンピック前後にしばらく行っていなくて、4年前に久しぶりに行ったら、もう全く様変わりしていまして、これは、1年に1回ぐらいは行かないとなあと思い、ここ数年は、1年に1回ぐらいは、北京に行っています。今回は1年3か月ぶりでした。
 今回は、大きな変化は感じませんでしたが、まだまだ発展している感じはありました。霞んではいますが、空気汚染は思ったよりはよかったです。ただ風の具合とかでは、汚染のひどい日があるそうで、北京人は、その日の朝に、「臭いで、PM2.5の濃度が大体わかるんだ」と現地の人が言っていました。まあ、車の多さには驚きます。経済格差がありそうで一概には言えないと思いますが、夫婦それぞれ1台ずつ車を持っている家庭も多いそうです。以前の北京の朝の風景であった自転車の大群は今は無く、車の洪水がそれにとってかわったということです。
 滞在したホテルが、紫竹院公園の近くだったので、早朝行ってみました。ここは、1985年北京に留学し始めて、私が初めて気功を習い始めたところです。そのころはまだ「気功」というものを知らず、中国人の友人に、紫竹院公園に連れていかれました。そこで、郭林新気功という癌に効果があるという気功を習いました。特殊な呼吸法をしながら歩いて行う気功です。北京に住み始めて半年ぐらいでしょうか、胃腸をこわしたり、風邪をひいたり、出かけるとすぐ疲れたりと体調の悪い時期だったのですが、一回練習しただけですが、「なんかいい」という感じがしました。それで公園に通って習い始めました。半年たったころには、体調も良くなり、疲れにくい身体になっていました。
 しかし、今回は、郭林新気功を練習している人に出会いませんでした。以前はあんなに盛んだったのにどうしたことでしょう?そういえば太極拳の練習している人はいましたが、他の気功もしている人は見かけませんでした。北京での気功のメッカだったのですが・・・
DSC_0430.JPG
DSC_0426.JPG
posted by 院長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記