2016年08月26日

9月4日の第一日曜セミナーは、「暑さと湿気の後始末!」

9月4日の第一日曜セミナーは、「暑さと湿気の後始末!」
まだまだ続きそうな暑さと湿気ですが、しっかり後始末をしましょう。もう秋が迫ってきています。
薬膳と気功を中心に、中医学の知恵で乗り切りましょう!

9月4日(日)
10:00−12:00
参加費:1,000円

お申し込みは、acu-info@acu-salut.jp 03-5422-9255

午後は診療いたします。
posted by 院長 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2016年07月29日

もうすぐオリンピック!

 いよいよ4年に一度のオリンピックがはじまりますね。しかし、問題が・・・リオデジャネイロと日本の時差が12時間。まるで昼夜逆転なのです。放送予定をチェックすると生放送は、日本時間の昼11時ごろから夜九時ごろまで全くありません。リオが夜中から朝の時間ですからね。寝不足になりそうな予感がします。
 今回のオリンピックには、診せていただいている4人の選手が出場します。やはり、生放送を見て応援したいですから、前もって睡眠計画を立てようかと思っています。ロンドンオリンピックの興奮はまだ覚えています。あの興奮をもう一度味わいたいです。
posted by 院長 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月23日

うれしいご報告!

 今日は、本当にうれしいご報告を患者さんからいただきました。不妊治療で来院されていたのですが、ご出産されたとのこと。それも双子。
 この患者さんは、2か月間で計6回の鍼灸治療を受けられました。それまでに7回体外受精をするも出産には至らず、鍼灸治療を受けに来られました。ちょうど鍼灸治療6回目の翌日に移殖をされたそうです。
しかしなんと二卵性の双子ちゃんが生まれました。体外受精では、一個の卵子しか使いませんから、もう一つは、それ以前に行った普通の「子づくり作業!」で受精したものだと思われます。つまり、自然に妊娠していたわけです。この患者さんは、しきりに「これは、鍼灸のおかげだ」と感謝されます。今までずっと体外受精でも妊娠しなかったのに、変化があったのは鍼灸治療をはじめたことだけだから、これは鍼灸のおかげだとおっしゃるのです。
 確かに、以前も、ずっと付き合っている人がいたけれど、結婚も子供もいらない仕事に生きると思っていたら、「鍼のせいで、妊娠したので結婚することにしました」と少々怒って電話をしてこられた患者さんがいらっしゃいました。これも以前と同じようにしていたのに、変わったのは鍼治療だけだから、鍼のせいだと。もっともお子さんが産まれてから、ご挨拶においでになった時には「鍼のおかげで」とおっしゃっていただきましたが。この時も、治療はじめて2か月ぐらいでした。大体、週1回で、2か月ぐらい鍼灸治療を行うと身体が整ってくるように思います。
 ほんとに、妊娠出産のご報告が一番うれしいです。
posted by 院長 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月11日

休診のお知らせ 7月16日土曜日は休診です

7月16日土曜日は休診とさせていただきます。
7月16日〜18日は、日本中医学会で、熊本県阿蘇郡西原村に診療ボランティアに入ります。ちょうど本震発生から3か月。たまったストレスから様々な不調が現れる時期でもあります。鍼灸治療が一助になればと思います。
7月19日火曜日から通常通り診療を再開いたします。
0001.jpg
posted by 院長 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月07日

暑中お見舞い

 「暑中お見舞い」したい、されたい、そんな天気でしたね今日は!そう言えば今日から小暑。これでもまだ小暑!次の節気は、大暑がやってくる。まだまだ暑くなるのかい?
 そもそも六つあるとされる邪気の中で、暑邪はやっかいです。六邪とは、風邪(ふうじゃ)、寒邪(かんじゃ)、湿邪(しつじゃ)、燥邪(そうじゃ)、火邪(かじゃ)そして暑邪(しょじゃ)です。なぜ暑邪がやっかいかといいますと言いますと、暑邪が強い時期には、湿邪も強く、そもそも暑邪のなかに、湿邪も含んでいるニュアンスがあるのです。暑の邪気にあたることを中暑と言います。暑に中(あた)ると言うことです。現代では熱中症ですね。
 さて、暑邪を防ぐには、どうするか?まずは食べ物でしょう。理屈からしても身体の熱を冷ましてくれる食べ物がいいですね。だいたい、暑い時期に育つ食べ物は同じ様に暑さに対抗しているわけで、熱を冷ます力があります。その時期のその場所の旬の食材が宜しいということです。夏には夏野菜。キュウリもトマトも、ナスも、も身体の熱を取ってくれます。冬瓜やヘチマ(糸瓜)、苦瓜、西瓜など「瓜」と名がつく食べ物は冷やす力の強いものが多いです。冬瓜皮(トウガヒ)とよばれる冬瓜の皮を乾燥させたものは漢方薬として使われます。西瓜の皮も西瓜皮(セイカヒ)として立派な漢方薬です。糸瓜(ヘチマ)は、東京あたりではあまり食べないようですが、院長の故郷宮崎では、豚肉と一緒に味噌で炒めて食べたりします。大好物です。
 さあ、先ずは○○瓜をたくさん食べて暑い時期を乗り切りましょう。あっ、南瓜(カボチャ)は、身体を温めますのご注意を。
posted by 院長 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月28日

7月3日第一日曜セミナー

7月3日の第一日曜セミナーは、「湿気対策」です。
6月はお休みしてしまいましたが、7月はやりますよ!
湿気は、ホントに厄介です。体の不調の大きな原因となります。身体の余分な湿気は、気の流れを阻害します。最近、寝違えの患者さんが増えてきましたが、この湿気が原因であろうと思っています。食べ物で湿気を取る話を中心に、気の流れを良くする気功をやります。
7月3日日曜日10:00−12:00
参加費:1,000円 薬茶付きですよ!
お申し込みは
acu-info@acu-salut.jpか03−5422−9255まで
posted by 院長 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2016年06月14日

寝違え注意報!

久々のブログ更新です。
 さて、重い腰をというか腕を上げたのは、他でもない、寝違えが増える徴候が出始めたからです。昨日は、寝違えの症状の患者さんが二人来院されました。
 この時期は毎年、寝違えやぎっくり腰の患者さんが増えます。原因は「湿」であろうと思われます。梅雨に入って湿度が徐々に上がってきました。身体の中の余分な水分が増えると、身体が重だるく感じます。と同時に、気の流れも阻害します。そして、湿のほかに、気の流れを阻害する要因が寒さです。なので、6月以外には11月の寒くなり初めにもやはり、寝違えやぎっくり腰の患者さんが増えてきます。
 幸い日本では、湿気の多い時期は気温が高いので、寒さの邪気(寒邪)と湿気の邪気(湿邪)とに同時に襲われることは少ないのですが、さもあらん、人口の寒邪、クーラーの風が存在します。ちょっと汗をかき、バスに乗りクーラーの風にあたるとほんの4,5分で、むき出しの首は冷えてしまいます。そもそも体内の湿気で気の流れの悪くなっているところに、人工の寒邪に責められ、ますます気の通りが悪くなるわけです。
 さて、対策は?
1.余分な水分を出す!
 水分を出すには、汗をかくか、大小便で出すかです。運動で、積極的に汗をかくことはこの時期いいことだと思います。運動が嫌なら、お風呂やサウナで汗をかくのもいいと思います。そうなると熱中症対策のためにも、水分の補給も必要になってきます。これは矛盾のようですが、中医学の考え方だと、余分な停滞している水分を湿とよび、必要な水分は津液と区別して考えます。停滞しているのが悪いのであって、水分はどんどん循環させることが大事なのです。そのためには、補給する水分は、湿を外に出す作用(利湿)のあるものが望ましいわけです。
 利湿の作用のあるものは、小豆、緑豆、トウモロコシの髭、ハトムギ、蓮の葉などです。これらを煎じてお茶にして水分補給すれば、余分な水分を外に出す作用が高まります。

2.クーラーの寒邪を避ける。
 薄くてもいいので、クーラーの風を避けられるような何か布製のものを携帯しておく。電車やバス、タクシーなどに乗った時に、首を守りましょう。

そして、それでも寝違えたら即、鍼灸!

7月3日の第一日曜セミナーは、湿気対策についてお話しします。



posted by 院長 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月25日

5月の第一日曜セミナーはストレッチ&気功!

 毎月第一日曜日に開催しています第一日曜セミナーは、「ストレッチ」がテーマです。
肩凝りや腰のコリを自分で楽にする、或は予防するのに最適なのはストレッチです。コリは中医学的に見れば、気の滞り。気の滞りを取る方法はいくつかありますが、伸ばす、すなわちストレッチもその一つ。ただし伸ばしただけではだめで、伸ばして緩める、伸ばして緩める、という動作を繰り返すと気はスムーズに流れて行きます。つまりコリも取れていきます。
 今回は、新体操選手だった小西夏生さんを講師にお願いしました。彼女は、小さいころから新体操をはじめ、日本代表を数多く輩出しているイオン新体操クラブに所属して新体操を続けてきました。自らもアジア大会で日本代表となり、団体戦で銅メダルを取ることに貢献しました。 新体操では、柔軟性が必要とされます。それで彼女たちは、いつも柔軟体操をしています。練習や競技の合間の休憩時間にもおしゃべりしながらでも柔軟体操を欠かしません。
 そんな、身体に染みついた、そして本格的な柔軟体操を教えてもらいます。ちなみに、彼女は新体操を引退した後現在は、身体を使ったエンターテイメント、マッスルミュージカルの団員として活躍しています。

日 時:2016年5月1日(日) 10:00−12:00
参加費:1,000円
動きやすい格好でいらっしゃるか、お着替えをお持ちください。

お申し込みは
acu-info@acu-salut.jp 03−5422−9255
posted by 院長 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2016年03月08日

6回目の訪台

 今週の土曜日、3月12日から15日まで台湾に行ってきます。2011年から行っている日本中医学会と台北市中医師公会との学術交流のためです。お互いの学会に訪問しあい交流を深めています。
 今回6回目の訪台となります。第1回目の出発も3月12日土曜日。あの3.11の翌日でした。高輪での揺れは大したことは無く、台所のまな板が倒れたぐらいでしたが、交通はマヒしていました。翌日も、品川駅は、入場規制がかかって高輪口の横断歩道まで人があふれていました。そもそも午前発の飛行機でしたが、遅れて午後には出発するということで、羽田に集まれるメンバーだけで台北に向けて出発したのでした。
 台北市中医師公会の人たちは、よくもこんな大変な時に来てくれたと感激してくれましたが、実は私たちは、あんな大変なことになっていたとは知らなかったのです。11日の段階ではまだ情報が断片的で、全容を知ったのは、台湾での夜のテレビニュースでした。前もって知っていたら訪台中止も考えたかもしれません。案の定、帰国後家族からは、「あんな不安な時に父親がいないなんて」と責められたのでした。
 今回6度目ですが、台湾はとてもいい所です。外国ですが何のストレスも無く過ごすことができます。食べ物もとてもおいしい!日本人の味覚には合っているのではと思います。
 ということで、12日から15日まで、休診となりますがご容赦ください。16日は水曜で定休日ですので17日木曜日から診療を再開します。台湾烏龍茶とパイナップルケーキをお楽しみに!
posted by 院長 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月04日

子づくり講座

中医学的子づくり講座

 中国伝統医学には、いろいろな子づくりの方法が伝わっています。薬膳から漢方、鍼灸、按摩、気功、
そしてなんとセックス自体の方法にまで、いい子供を作るための方法が伝わっています。
 この講座では、こうした伝統医学の子づくりの知識を学びます。また、ツボ療法や
按摩、気功、そしてセックスそのもので健康になろうとした房中術の理論と技術を学びます。

日 時:2016年3月21日(月・祝日)
    13:00-18:00
会 場:アキュサリュート高輪(港区高輪4−8−23エスパシオ高輪102号)
参加費:1組2万円(必ずカップルでご参加ください)5組限定
内 容:
    13:00-13:50 子づくりのための中医基礎理論
    14:00-15:00 子づくりのための薬膳
           Tie Time
    15:30-16:20 子づくりのための気功・按摩
    16:30-18:00 子づくりのための房中術
お申し込みは、03−5422−9255またはacu-info@acu-salut.jpまで
posted by 院長 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー