2022年06月25日

暑気払い

白金高輪からアキュサリュート高輪院長が、暑気払いのコツをお届けします。

熱中症で病院に運ばれる人が増えてきました。熱中症は中医学のなかでは「中暑」が近いです。暑邪に中(あた)る、という意味です。暑邪とは熱の邪気と、湿の邪気が絡んだものです。まさに今の時期の環境そのものです。
それでは、いかに熱邪と湿邪を取り除くか?
これは、湿と熱を取り去る効能を持つ食材を多くとるというのが一つの方法です。
簡単なのはその土地のその時期に採れる食材を食べるということ。そこに育つ動植物も、熱邪や湿邪の対抗して生育しているわけでそれらを除く効能があるわけです。
とくにおすすめは、西瓜です。白虎湯という解熱に優れた漢方処方がありますが、西瓜は「天然の白虎湯」とも言われてきました。そして、利尿作用もありますので、身体の余分な水分も排出してくれます。少し塩をかけて食せば、汗で失われた塩分も補給できて、最高の夏の食材です。
皮の白い部分は、赤い実の部分を少し残して一口ぐらいに切って、塩を振って冷蔵庫に保存します。半日で美味しい漬物になります。
posted by 院長 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月20日

ギックリ腰注意報発令!

アキュサリュート高輪は、高輪一丁目、白金高輪駅の近所に移転して3か月が過ぎました。
落ち着いた場所で、患者さんにもなかなか好評です。
さて、最近ギックリ腰の患者さんが増えてきました。湿気のせいだと思われます。
気の流れを阻害する原因が、寒さと湿気なのです。なので、11月の寒くなり始めや、6月の湿度の高くなり初めにギックリ腰や寝違えが多くなります。
暑くなりましたが、湯船につかって、汗をかいて、筋肉を温めましょう!
そして、ギクッ!となったら鍼治療ですよ!

2022年03月14日

移転しました。

春の気配が強くなってきました。
春の風に乗ってアキュサリュート高輪も、高輪4丁目から高輪1丁目に移転しました。
2010年に高輪4丁目に開業して12年。年回りも一巡して、移転など新しいことをするのにいい時期です。
そもそもは、セミナーを開催するために広いリビングのある場所での開業でした。セミナー以外にも、落語会や、サックス、三線の演奏会もやれましたし、婚活パーティーも開催しました。楽しい思い出ばかりですが、ここ2年間は、新型コロナの影響で、セミナーもパーティーもやれずじまいでした。
セミナーもほとんどZOOMでの開催となり、コロナが収束してもZOOMでの開催は変わらないでしょう、とても便利ですから。そこで、治療のためにはそもそも半分の広さで充分なので、もう少しこじんまりとした場所に引っ越しました。
吉方向の物件を探したのですが、なんと一軒目で、ここだ!と言う場所に巡り合えました。高輪皇族邸のすぐそばで、閑静な住宅地にあります。古い木造アパートなのですが、「育った場所の向きを考えて木材を使った」というぐらい歪みがありません。なかなか味のある場所です。
高輪全体が「気場」がいいのですが、この辺りはとくにいいと思います。とても落ち着く場所です。
皆様のお身体の不調が楽になりますように、これまで以上に治療に専心いたします。

IMG_0418.jpg
IMG_0426.jpg

2021年12月30日

趣味は気功?

今年は、12月31日まで診療して、1月3日から診療開始します。
毎年、年末年始は北京に行っていたのですが、昨年から新型コロナの影響で行けなくなってしまいました。休んでも何もやることないなあと仕事をすることにしました。
いわゆる趣味がないのです。休みでないとできないような趣味がないのです。ゴルフや釣りなどの趣味のある人は休みのたびに行ってますよね。定年後もそれで楽しんでいます。「これはいかん、老後でも楽しめる趣味を作らねば!」と、ピアノやったり、カリンバをやったりもしましたが、結局三日坊主でした。
なかなか続かないのですが、よくよく考えたら、気功はもう37年間続いています。そうかこれが趣味かと思います。そして「気」は、本職の鍼治療にも深く関わっています。身体の気を流すことが鍼治療の基本なのです。
趣味と実益を兼ね備えた素晴らしいことをやっていたんだと気づいた年末でした。
posted by 院長 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月20日

郭林新気功始めます!その3

郭林新気功は、歩く気功です。散歩の途中にやるといいかもしれませんよ。今までたくさんの気功をやってきましたが、身体の変化を実感したのは、この郭林新気功が一番でした。
私も還暦が過ぎましたので、もう一度この気功をしっかりやってみようと思います。癌をも治すぐらいですから免疫系統にかなり影響するのではと思われます。実際研究が行われています。
国際生命情報科学会誌に「郭林新気功における内分泌及び免疫能の変化」という論文が掲載されています。
「中国において、郭林新気功は癌治療に効果をあげており、それはストレスの緩解と免疫能の向上によることが考えられる。これらの機序を明らかにするために、郭林新気功の然行功と中快功を40分間練功し、その前後における内分泌及び免疫能の変化を測定した。血漿コルチゾール、アドレナリンは減少し、βーエンドルフィン、ドーパミン、ノルアドレナリン、CD4/CD8、ナチュラルキラー(NK)細胞活性は増加傾向を示した。血漿コルチゾール、アドレナリンが減少していることから、郭林新気功を練功することによりストレスが緩解し、交感神経活動も低下することが推定される。また、CD4/CD8、NK細胞活性の増加から免疫能の向上が考えられる。自然行功と中快功との行法による有為な相違は認められなかった。」https://www.jstage.jst.go.jp/article/islis/15/2/15_KJ00001512561/_pdf/-char/en

2021年12月22日(水)13:00より郭林新気功練功会
高輪公園(港区高輪三丁目18番18号)にて
posted by 院長 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

郭林新気功始めます!その2

1985年北京に渡った私は、紫竹院公園に気功の見学に行きました。
そこでは、おもにがん患者が、郭林新気功を練習していました。中国人の友人から紹介された先生は、楊沢明という人です。その当時70歳を過ぎていらっしゃいましたが50歳後半の頃心臓を患い、脳梗塞も起こした後、郭林先生に郭林新気功を習ったそうです。その後回復して、今では中国全土を回って気功を教えているそう。郭林新気功をやっている人はがん患者ばかりではなくほかの病気の人もいました。
さて、まずは見学をと思っていましたら、せっかくだから一緒にやろうと言われ、数時間練習をしました。そしてその夜ですが、なんか体調がいいのです。「これはなんか良さそうだ!」と毎週日曜日に紫竹院公園に練功に通いました。数か月して、それまで、環境になれなかったのか、風邪をよくひくし、下痢はするし、とても疲れやすかったのですが、全く体調不良が無くなったのに気づきました。その上に、よくお酒も飲んでいたのですが、お酒をあまり飲めなくなったのです。ビールをコップ一杯も飲むと酔ってしまうようになってしまいました。気功をすると皆、お酒が飲めないようになるわけではなく、身体が敏感になって、自分に合わないものがわかるようになるのだと思います。
そうこうしているうちに、北京在住の商社マンや外交官の奥さんたちに郭林新気功を教える会を立ち上げました。楊先生は全国を回られるので、郭林新気功協会から先生を派遣してもらい、私が通訳をしました。
(続く)
郭林新気功先生たちと.jpg
#郭林新気功



posted by 院長 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

郭林新気功始めます!その1

師走も20日になりました。この時期、月日の経つのが早いと毎年言ってますが、それも年々早くなっている気がします。
今日は気功について。
12月22日の冬至の日から、郭林新気功の練功を始めたいと思います。郭林新気功とは、画家でもあった郭林女史が、自らがんを患い、一念発起して、もともと家に代々伝わった気功などを研究して作り出した気功です。
1971年に創始となっていますからもう半世紀経っています。私が北京に留学したのは1985年からでした。その頃は、日本ではまだ気功はほとんど知られてはおらず、私も北京で初めて耳にしました。
あるとき中国人の友人に紹介されて、気功を教えているという北京動物園の隣にある紫竹院公園に見学に行きました。その頃すでに郭林新気功は中国全土で有名になり、北京でもいくつかの公園で教習が行われていました。
先生を中心に数十名が熱心に練習しています。休憩時間になると、皆が「癌自慢」を始めるのです。「自分は肺がんの末期で、手術をして胸を開いたが、もう手遅れだと何もせずそのまま閉じられたんだ。あと寿命は数か月と言われたが、もう5年生きている。」などと胸の傷跡を見せながら言うのです。
他の人も我も我もと、自分の癌自慢をしてくれます。先生もがんを克服した人が担当し、練習仲間もがんと闘っている人たちだから、やりがいもあるのでしょうね。皆さん生き生きとしてました。(続く)
#郭林新気功






posted by 院長 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月03日

第一日曜セミナーは、気のストレッチ「気レッチ」

久々のアキュサリュート高輪院長ブログです

師走に入ってしまいましたね。1年がホントに速いです。
寒くもなってきましたが、縮こまらず体を伸ばしましょう!
と言うことで、アキュサリュート高輪のセミナーでは、最近「気レッチ」なるものを
皆でやっております。
気の通り道である経絡をイメージして気が巡っていくのを感じながら行うストレットです。
無理なく気持ちよくやれるストレッチです。
12月5日の第一日曜セミナーは、まず経絡の大まかな流れを勉強したのち、
実際に気のストレッチを練習します。
参加は無料。ぜひご参加ください。
ZOOMで開催しますので参加ご希望の方は、メールください。
acu-info@acu-salut.jp

12月第一日曜セミナー
【日 時】2021年12月5日(日)
     午前10:00-11:30





2021年11月11日

書籍紹介

ここ数日まさに秋晴れで気持ちがいいですね。
今日は書籍の紹介です。
『コロナに負けない体は漢方で作る』平馬直樹著
コロナに負けない.jpg
院長が運営の関わっている一般社団法人日本中医薬学会の会長の著作です。
今までの風邪の大部分はコロナ型ウイルスです。漢方は大昔からこのコロナ型の感染症と
戦ってきました。今回の新型コロナでも中国では漢方が力を発揮しました。
そして、何よりも感染症にかかるかどうかは、免疫力にかかっています。
漢方で免疫力をつけようという主旨の本です。
posted by 院長 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月02日

第一日曜セミナー

第一日曜セミナーのお知らせ

9月5日(日)朝10時から第一日曜セミナーを開催いたします。
テーマは「夏の仕舞と秋の準備」。
夏の暑さと湿気で弱った体の回復と、すでに始まっている秋の
乾燥と寒さの対策をについて中医学の知識をお伝えいたします。
薬膳、ツボ、気功の話題です。
Zoomを使ってのセミナーです。参加費無料。

第一日曜セミナー
テーマは「夏の仕舞と秋の準備」
2021年9月5日
10:00−11:30

参加ご希望の方は下記までご一報ください。
acu-info@acu-salut.jp
posted by 院長 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー